恥ずかしがり屋で目立ちたがり屋

矛盾したっていいじゃん!自分らしく生きよう!音楽に映画にサッカーにスイーツ、多趣味な僕のジャンルレスブログです。

「咳喘息」になったので、症状・原因・対策を簡単に調べてみた。

f:id:shota_06080306:20161215181030j:plain

 

こんにちは、shotaです。

 

風邪が治っても咳だけが止まらない。おかしいな〜っと思っていたら、原因は風邪ではなく「咳喘息」でした。

 

「咳喘息」ってご存知ですか?僕は知らなかったので調べてみました。

 

「喘息って一部の人の病気」「私には関係ない」って思ってませんか?

 

それは「気管支喘息」の話し。「咳喘息」は「気管支喘息」よりも一般的で、注意しないといけない病気なんです。

 

 「咳喘息」とは?

 

みんな知ってる一般的な「喘息」とは「気管支喘息」というもので、「咳喘息」とは違います

 

違う病気ですが、無関係ではありません

 

「咳喘息」は気管支喘息」の前段階と言われています。

 

「咳喘息」を放置して重病化したものが「気管支喘息です。

 

 

 

「咳喘息」の症状。「気管支喘息」との違いとは?

 

「咳喘息」の症状とは?

原因は様々ですが、気管支が過敏に反応して炎症を起こしてしまい、咳だけが続くのが「咳喘息」です。

 

「風邪が治っているのに咳だけが治らない」こんな時はこの病気を疑ってみましょう。

 

気管支喘息」との違いは何?

気管支喘息」とは、気管支が過敏に反応して炎症を起こしてしまい、気管支の腫れで狭窄を起こして呼吸が苦しくなる病気です。

 

病気の特徴は、気管支が狭くなり「ゼーゼー・ヒューヒュー」といった呼吸音がするのが特長です。

 

 

 

原因と対策

 

症状は違いますが「咳喘息」「気管支喘息」ともに原因は似ています。何が原因でどう対策したらいいのでしょう?

 

原因とは?

原因は様々あります。基本的には気管支を刺激することです

  • アレルギーや細菌(風邪など)
  • アレルギー(ホコリなどのハウスダストや動物の毛など)
  • タバコやアルコール
  • 気温の変化
  • 冷たい風
  • PM2.5や黄砂
  • 運動

 

対策は?

上記の原因を避けることでしょう

  • マスクで菌やウイルスを予防する
  • うがい手洗いで清潔に保つ
  • 過度な運動を控える
  • タバコやアルコールを避ける

場合によっては運動をで気管支が鍛えられて病気を克服できるケースもあるため、上記の事柄が全てではないでしょう。(僕はサッカーをやったことで気管支喘息の発作が起きなくなりました)

 

 

 

治療法や対応は?

 

「咳喘息」になったら、とにかく早期治療が大切です。

 

放置して気管支への負担が大きくなると、気管支喘息」になる危険性が増してしまいます。

 

とにかく早く咳を止め、炎症を抑えましょう

 

 

 

まとめ

 

とにかく早期治療が大事な病気です

 

乾いた咳だけが続いた時は要警戒です。

 

咳にも様々な原因の咳があるため、診断が難しい病気です。

 

この病気を疑ったら呼吸器内科、アレルギー科、耳鼻咽喉科を受診しましょう

 

この病気に限らず、病気は軽度のうちに治したほうが絶対いいです。

 

無理せず、身体を大事にしましょう!

 

 

 

※当ブログはアフィリエイトシステムを利用しています。